2016年の7月までwindows7の中古パソコンがお買い得

今、windows7の中古パソコンがとてもお買い得です。
その理由は2016年の7月28日までなら、windows7を無料でwindows10正規版にアップグレードできるからです。
しかも、windows10は今までのようにバージョンアップごとに買い替える必要がなく、 updateで半永久的に利用できます。
なので、パソコンがハード的に壊れない限りずっと利用できます。

windows8.1の中古パソコンもwindows10に無料でアップグレードできますが、 ハード的な性能が同じくらいでもwindows7の中古パソコンより価格が高くなっています。
windows8.1の中古パソコンを買ってwindows10にアップグレードするよりも、 安いwindows7の中古パソコンを買ってwindows10にアップグレードするほうが、お得です。
windows7の中古パソコンなら、1万円程度でネットやワープロなどの一般的な利用に十分な性能の パソコンがあります。

安いwindows7の中古ノートパソコンを楽天で探すならこちら

安いwindows7の中古デスクトップパソコンを楽天で探すならこちら

windows7からwindows10にアップグレードするには、PCに最低限以下の性能が必要です。
・プロセッサ: 1ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
・メモリ:32ビット版では 1GB、64ビット版では 2GB
・ハードディスクの空き領域:32ビット版OSでは16GB、64ビット版OSでは20GB
・グラフィックスカード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)

windows7が動いているPCなら上の条件はほぼ満たしていますが、操作ストレスや 先々のことを考えて、スペックに余裕のあるパソコンを購入することをお勧めします。

windows10は無料アップグレードで半永久的に利用できますが、パソコンがハード的に壊れたら 利用できなくなるので、予備用のwindows7の中古パソコンも買っておくこともお勧めします。

注意
windows10に無料でアップグレードできるのは、2016年の7月28日までです。
2016年の8月(7月29日)からは、無料では手に入りません。
また、無料でアップグレードできるのは、HomeとProのエディションのみです。

windows7からwindows10へのアップグレード

私のパソコンもwindows7からwindows10へアップグレードしましたが、 新たにOSをインストールするという感じではなく、上書きという感じで、 今まで使っていたソフトやデータは何もせずにそのまま利用できました。
人によっては、音声がでなくなるなどの不具合もあるようですが、対処法はあるようです。

windows7からwindows10へのアップグレードの方法は、 windows7のパソコンをネットにつなぐと、アップグレードをそくすメッセージが表示されるように なるので、その指示にそって操作するだけです。

Windows10のダウンロードページにアクセスして、そのページの指示にしたがってアップグレード することもできます。